東京そぞろ歩き

奥会津~新潟ツーリング その1


 う~、久しぶりのブログ更新だ…

 え~、先日久々のロングツーリングに出かけてきたので、そのレポートなんぞを書きとめてみたいと思います。

 
 出発の日。

 予定では朝早めに起きて9時ごろには家を出るはずだった。が、休みの日に朝早く起きれるはずもなく、10時ごろに起き出して、ようやく支度を始める始末…。シャワー浴びて、朝ご飯食べて、バイクにBOXをくくりつけると時間はすでに12時になってた。

 ま、しょうがない。

 高速はなるべく通らずに下道メインで行く計画をあっさり変更、東北道を浦和からのって一気に那須へ。しかしこの日はえらく風が冷たい。昨日までの夏日とはうって変わって、寒気が日本列島を覆ってるんだと。ちょっとオーバーかなっていうくらいの冬装備をしてきたんだけど、北上するにしたがってどんどん気温は下がっていき、冬装備でちょうどいいくらいに…。

 なんで、こんな寒い日にバイク乗ってんだろ、オレ(涙)

 さて、順調に走って矢板で高速を下り、とりあえずツーリングマップルに出てた「山縣有朋記念館」に行ってみることに。ここら一帯は、明治の元勲、山縣有朋の農場だった場所。その敷地に建てられているのが、山縣の別荘だったこの建物。元々は小田原にあったのを、大正の頃に移築したんだとか。

c0072858_22241121.jpg


 なんの予備知識もなく入ってみたんだが、まずびっくりしたのが入館料。えっ、700円!?う~む、300円ぐらいだと思ったんだけどなあ。それでも、入館者にはコーヒーのサービスがあるので喫茶店に入ったと思えばまあこんなものか。

 館内は撮影禁止だったので画像はないけど、興味深かったのは2階の客間。晩年の山縣はこの別荘に常住してたため、ここの客間には当時の大物政治家が大勢やってきてたそうだ。伊藤博文やら大隈重信やら板垣退助やらもこの部屋に来たことあるのかなあ、なんて想像しながら楽しめた。

 この記念館の受付の方に聞くと、那須のあたりには旧華族の経営する農場が多くあり、ほかにもこういう古い洋館の別荘が残っているとのこと。


 冷たい風が吹きつける中、那須塩原方面へ向かう。途中、アウトレットモールの看板が目に入ったので立ち寄ってみることに。

c0072858_22415356.jpg


 しかし、平日の夕方だけのことはあってお客さん少ないなあ。あちこち見てまわったんだけど、バイクでしかも旅の途中に荷物増やすわけにもいかないので、早々に退散。

 この日は那須塩原駅前のビジネスホテルに宿を取った。
[PR]

by tigers00 | 2009-05-24 22:44 | ツーリング・バイク | Comments(2)
Commented by readymade_ayu at 2009-05-25 13:47
ひさびさの更新ですね (^_^)
気温と風は冷たかったとは信じられないほど空は青くとてもキレイですね。
Commented by tigers00 at 2009-05-25 23:36
ayuさん、こんばんは~
ごぶさたしておりますm(_ _)m

ツーリングレポートなんですけど、よかったら読んでくださいね~
なるべく、ちゃんと更新しますので、見捨てないでください(笑)
<< 奥会津~新潟ツーリング その2 美ヶ原高原美術館 >>