東京そぞろ歩き

金比羅火口災害遺構散策路


 有珠山は火山の多い日本でも有数の活火山で、大体30年周期で噴火してる。噴火する時期が必ず予期できる火山で、2000年に噴火したときも事前に1万人の住民が避難してたため、人的被害はなかったんだそうだ。

 けど、人的被害がなくとも建造物や道路なんかの被害はあったわけで、この散策路はその時被害にあった建造物や橋なんかを見学できるスポット。こういう建造物をお金をかけて撤去するよりは、そのままの状態にして自然の凄さや怖さを実感できるように整備するほうが、地元にとっても賢い選択なのかもしれない。


c0072858_21473353.jpg


 かつて日帰り温泉施設だった建物。


c0072858_21483178.jpg


 一階の半分くらいまで泥流が流れ込んでいる。


c0072858_21495754.jpg


 パッと見、まだ新しそうな団地なんだけど・・・


c0072858_21504412.jpg


 泥流だとか橋だとかが流されてきて、下の階は結構グチャグチャ。


c0072858_21524128.jpg


 ここもよく見ると一階の半分くらいが泥に埋まってた。


c0072858_21532227.jpg


 国道にかかってた橋。泥流に87メートル押し流され、団地に激突したんだそうだ。
[PR]

by tigers00 | 2011-11-27 21:56 | | Comments(0)
<< 小樽市散歩 登別温泉の鬼 >>