東京そぞろ歩き

丹後の伝説 徐福渡来の地


 有名な伊根町の舟屋から北へ行った海沿いに、新井崎という小さい岬があります。ここにこれまた小さい神社が海に向かって建ってるんですが、この神社こそが徐福が日本に上陸した場所だという伝説があります。

 徐福とは、秦朝の時代、始皇帝の命を受けて不老不死の霊薬を探しに東方へ船出した方士。3000人の童男童女と多数の技術者を連れて中国を出て日本に向かい、この地にたどり着いたんだとか。まあ、この徐福伝説も小野小町のように日本各地に同様の伝説が残ってるんですけどね。


c0072858_030229.jpg



c0072858_0303744.jpg



c0072858_0304726.jpg



c0072858_031030.jpg



c0072858_0311074.jpg



c0072858_0311834.jpg


 最後の2枚は新井崎の近くにある海に面した棚田。なかなかいいロケーションでした。

K10D
[PR]

by tigers00 | 2012-06-04 00:33 | | Comments(0)
<< 丹後半島の伝説 浦嶋神社 丹後の伝説 小野小町の里 >>