東京そぞろ歩き

佐原市点景2

 正文堂書店の隣の隣が…
c0072858_22301225.jpg

 蕎麦屋の小堀屋本店。創業は天明2年(1782)、200年以上続いてる老舗の蕎麦屋だ。この建物は明治25年の建築で、100年以上ここに建ちつづけている。もちろん現役。

 見た感じだけで、「きっとここの蕎麦はうまいだろう」と思わせてしまうような店構えだ。蕎麦屋は最近建てられた綺麗な店よりも、こういう年季の入った木造家屋のほうが「うまそう」な感じするなあ。

 小堀屋本店のさらに隣が福新呉服店。
c0072858_22423020.jpg

 創業は文化元年(1804)で、この建物は明治28年の築。ここもまだ現役で商売をやっている。しかしまあ、一箇所によくもこれだけ古い建物が残ったもんだ。しかも昔からの家業をちゃんと引き継いで商売してる。資料館みたいな形にして、内部見学させて入場料を取って維持してるんじゃないとこが素晴らしいね。
[PR]

by tigers00 | 2006-03-21 22:50 | 街角写真館 | Comments(0)
<< 佐原市点景3 佐原市点景1 >>