東京そぞろ歩き

秩父散歩3

 カフェ・パリーのはす向かいにあるのが、立派な装飾の小池煙草店。
c0072858_1561970.jpg

c0072858_1563164.jpg

 これも昭和初期の建築で、カフェ・パリー同様登録有形文化財に指定されている。ちなみにこの登録有形文化財、全国にどのくらいあるんだろうと思って、ネットで調べてみた。ネットってほんとに便利…。

 登録有形文化財は美術工芸品と建造物の2種類に分けられる。建造物での登録となると…日本全国で5428件。なるほど、結構多いなあって感じだけど、埼玉県内でみてみると101件。そのうちのふたつがこの四つ角にあるんだから、こりゃ貴重だ。秩父には計25件が登録されている。

 ついでに、国宝の建造物となると全国でたった209件。これはもうほとんど京都方面ばっかしで、関東には4件だけだ。重要文化財になると結構あるんだけどね。

 商店街をさらに歩くと、こんどは「片山醫院」の表札が掲げられた、昔の西洋風建物に遭遇。
c0072858_16142552.jpg

 まだ、現役の病院なのかな~。しかし、古い建物好きのオレでも、病院は新しいほうが好き!店舗とかお寺とかなら「情緒があるね~」なんて言えるけど、古い病院ってはっきり言って怖い。木造で築100年なんて病院、絶対なんか出そうだもん。ここは個人の医院だからそんなこともなさそうだけどさ。

 そろそろお花畑の駅に近づいてきた。その駅の近くにあったのが、秩父第13番札所の慈眼寺。
c0072858_16312994.jpg

c0072858_16314431.jpg

c0072858_16315796.jpg

 お寺の名前どおり、眼の守り本尊なんだとか。

 ここから、ちょっと路地のほうへと入って行ってみる。すると…
c0072858_1636334.jpg

 おおっ、昭和30年代の風景!今じゃすっかり見られなくなった板塀が、家の周りを囲っている。こりゃ、懐かしい雰囲気だな~。こういう一角も有形文化財みたく登録して残してくれないもんかなあ。
[PR]

by tigers00 | 2006-07-17 16:45 | 散歩 | Comments(0)
<< 西新井大師点景 秩父散歩2 >>