東京そぞろ歩き

北信濃ツーリング その2

 長野もさすがに昼間は暑い。けど、日が暮れて夜になるとかなり涼しくなってくる。テントの中で半袖で寝てると、寒くて目が覚めちゃうくらいだ。

 朝は6時半ごろ起床。テントから出ると、もうひと張りテントを張っていたキャンパーが出発の準備をしてた。ん~、やっぱライダーでソロキャンパーだったな…。ZZ-R400のその人と話してみると、三重から来たとのこと。なんでも、ものすごく久々に3連休が取れたらしく、「これはどっか行くしかない!」と思ってやって来たそうだ。「月に4日しか休みなくて…」という彼の職業は警察官!

 そうだよなあ、事件やら事故は出勤日に合わせて起きるもんじゃないもんね。捜査中の事件をひとまず置いて休みを取るわけにもいかないだろうし。同じ公務員なのに、ラクラク4連休が取れてしまうオレなんてほんと幸せだ。危ない目に遭うこともないし…。

 志賀高原を抜けて草津に行くというZZ-Rの彼を見送って、オレも7時過ぎに、テントを設営したまま出発。今日は飯山市内を観光してから小布施に行き、戸隠に行って蕎麦を食べ、白馬のほうまで行って帰ってくる予定だ。

 まずは北竜湖近辺の小菅の里へ。こことか隣の神戸、福島といった集落は、映画『阿弥陀堂だより』のロケ地になった場所。ちょっとまわってみたいなあと思っていたのだ。といっても、映画観てないんだけどね(^^;
c0072858_1735431.jpg

c0072858_174879.jpg

c0072858_1742057.jpg


 小菅から、阿弥陀堂のオープンセットが残っている福島へ。県道を左折してぐんぐんと山のほうへ登っていく。途中の駐車場にバイクをとめて、まずは福島の棚田を歩いてまわってみる。
c0072858_1717267.jpg

c0072858_17173972.jpg

c0072858_17175350.jpg

 ここ、福島の棚田は日本の棚田百選に選ばれているそうだ。

 一旦来た道を戻って、今度は阿弥陀堂のほうへ。道々には苔むした石仏が。
c0072858_17331056.jpg

 道を右側にそれると、お~、阿弥陀堂が見えてきた。
c0072858_1735740.jpg

c0072858_17364547.jpg

c0072858_17365774.jpg

c0072858_17371020.jpg

c0072858_17372164.jpg

 この阿弥陀堂、実によく風景に溶け込んでいるけど、『阿弥陀堂だより』で使われたオープンセット。作られてから数年しか経っていないものだ。けどこのたたずまい、何十年も前からここに存在してたかのようなおもむきだ。

 阿弥陀堂の縁側から景色を見渡せば、遠く千曲川まで遠望することができた。なんか、ゆ~っくり時間が流れてるような、そんな感じだった。
[PR]

by tigers00 | 2006-09-03 18:25 | ツーリング・バイク | Comments(0)
<< 北信濃ツーリング その3 北信濃ツーリング その1 >>