東京そぞろ歩き

伝通院~沢蔵司稲荷

 なんだかここ最近、「東京そぞろ歩き」にもかかわらず、京都に行ったときの写真ばっかりUPしてたので、久々に都内を散歩したときの写真でも…

 この日、訪れたのは文京区小石川にある伝通院。文京区のあたりなら、うちからバイクで40分くらい。だいたい休みの日となると、朝はゆっくり寝て、起きたら洗濯して…なんてやってるから動き始めるのが午後になってからなんだよね。そうすると、出かける先はどうしても近場になってしまう。

 そんなわけでこのブログ、「東京そぞろ歩き」なのに歩いてる場所は墨田区、台東区、文京区あたりが大半なのでした。休みの日に早起きする根性があれば、もっと違うとこにも行けるんだけどなあ…

 さてこの伝通院。徳川家康の母親であるお大の方が葬られている徳川将軍家の菩提寺だ。お寺の歴史は古いんだけど、東京大空襲で建物はほとんど焼失、戦後に再建されたようで建物自体はそれほど歴史があるわけでもなさそうだ。

c0072858_19403761.jpg


 この本堂を右へ歩いていくと、なにやら動くものの気配が…。足元を見ると、お~コイツか。
c0072858_19455216.jpg

 まだ、ほんとの子猫だ。生まれてからそんなに日がたってなさそうで、尻尾がプルプル震えている。ん~、けど親猫の姿が見えないなあ。それでも、境内の端っこのほうにエサの残りがあったんで、誰かがエサを与えてるんだろう。まあ、ちょっと安心。

 さらに境内を散策してると、こんなものがあった。
c0072858_19512819.jpg

 指塚?塚ってお墓でしょ?なにゆえに指なの??創設者は…浪越徳治朗!伝通院の門前には日本指圧専門学校があるし…。どうやらその関連みたいだ。

 
 伝通院の前の通りを東に進むと、伝通院の別当寺である、慈眼院・沢蔵司稲荷がある。その昔、伝通院の修行僧に沢蔵司(たくぞうす)というお坊さんがいたそうだ。このお坊さん、スゴイ人でたった3年で浄土宗の奥義を極めたんだとか。

 けどこの沢蔵司、実は人間ではなかった!元和六年(1620年)5月7日の夜、伝通院の学寮長だった極山和尚の夢枕に立ち、「そもそも余は千代田城内の稲荷大明神である。かねてより浄土宗の勉学をしたいと思っていたが、多年の希望をここに達した。これより元の神にかえるが、永く当山を守護して恩に報いよう」と言って消えていったんだそうな。

c0072858_20171232.jpg

c0072858_20173976.jpg

c0072858_20175256.jpg

c0072858_2018364.jpg


 なぜ稲荷大明神が浄土宗なんだ~という疑問はさておき、そういう経緯でここに沢蔵司稲荷が祀られたというわけだ。で、この沢蔵司、蕎麦が好物だったらしく、よく門前の蕎麦屋に食べに行ってたそうだ。けど、沢蔵司が食べに来たときには、売り上げの中に必ず木の葉が混じっていたそうで(笑) う~む、さすがはお稲荷さん。キツネだけあって葉っぱをお金に変えるのは得意だったようです(^^;

 ちなみに、この沢蔵司稲荷の隣が幸田露伴の旧居跡だそうです。
[PR]

by tigers00 | 2006-11-18 20:30 | 散歩 | Comments(4)
Commented by takenoko_tarou at 2006-11-19 22:30
え?浪越徳治朗ですか?
「指圧の心は母心!押せば命の泉沸く!」ってフレーズを思い出します♪(笑
Commented by tigers00 at 2006-11-21 20:37
そうです、そうです。
あの浪越先生です。
しかし、なんでこんなもの建立したんだろ…
Commented by つくね at 2006-11-24 23:30 x
あの新撰組の全身、浪士隊が京に向け出発した地ですね
よくこの辺りは通るんですが、何時かは覗いてみたいと思うだけでいつも通過してしまいます
同じく、護国寺にも一度は行ってみたいと思うものの・・・未だ行けずジマイ
Commented by tigers00 at 2006-11-25 21:24
そうです、その縁なのか清河八郎の墓もここにあるんですよね。
護国寺は同じく前を通過するばっかりで行ったことないんですよ。
今度行きたいとこです。
<< こんにゃくえんま~シビックセンター 雨上がり >>