東京そぞろ歩き

足尾ツーリング その3

 松木渓谷から戻って、次は足尾の街中を歩いてみる。川の向こうに、異様な感じでそびえてるのが足尾製錬所だ。

c0072858_11242040.jpg

c0072858_11243627.jpg

c0072858_11244943.jpg

c0072858_11245929.jpg


 今は操業を停止しているらしく、巨大な産業遺構というか廃墟というか…。日本の近代化に貢献し、また公害の代名詞にもなった工場も、今はもう朽ち果てるのを待つだけという感じだ。中を覗いてみたいなあ(^^;

 足尾銅山が閉山して以降、当然のことだけど人口は減少、昔は賑わった周辺の住宅街も今じゃ工場同様すっかり廃墟になっちゃってる。

c0072858_1145384.jpg

c0072858_1145518.jpg
c0072858_11461043.jpg
c0072858_11464236.jpg
c0072858_11465665.jpg
c0072858_1147778.jpg

c0072858_11532431.jpg
c0072858_11534127.jpg
c0072858_11535284.jpg
c0072858_1154359.jpg


 最後の写真、湯桶をかかえたおじさんが「赤倉売店出張所」と書かれた建物の隣に入っていく。ここって、炭鉱住居者用の銭湯なんじゃないかなあ。まだ、現役で使われているようだ。
[PR]

by tigers00 | 2007-04-24 23:13 | ツーリング・バイク | Comments(4)
Commented by ISAOMANI at 2007-05-06 19:20
なんかすごい。。ぼくも写真してみたい場所。。
いってみようかなって思いますね。。
そして昭和の時代をしっかり見たいな。。
Commented by Grayman2006 at 2007-05-07 12:51
渡良瀬遊水地の“元凶”が、ここにありました(笑い!)
村が消えて、強制的に“遊水地”された原因です。
でも、
Tigers00さんの写真で見せて頂く足尾精錬所は、
何処と無く“哀愁!” 
そして、総てが歴史の史跡なっていることを実感しました。

竹の子太郎さんのブログ経由で覗かせて頂きました。
あわせて、渡良瀬遊水地のブログ記事をT.B.させて頂きました。
Commented by tigers00 at 2007-05-07 23:21
> ISAOMANIさん

この辺は廃墟になっちゃってますけど、掛水倶楽部のそばには木造の社宅が並んでて、まだちゃんと人が住んでます。
未舗装の道路に木造の社宅、桜の花が綺麗に咲いてて、そのそばでこの社宅の子供がバトミントンして遊んでました。
なんかほんと昭和40年ぐらいにタイムスリップした感じでしたよ。
関係者以外立ち入り禁止!って書いてあったので、入り込めなかったですけど…(^^;
Commented by tigers00 at 2007-05-07 23:34
> Grayman2006さん

はじめまして\( ^o^ )/
田中正造や渡良瀬川周辺の農民が命がけで戦った相手も、もはや命運尽きたって感じでした。
けど、この周囲の山には煙害の影響がいまだに残ってて、岩肌が露出して山に緑の見えない光景はちょっと異様です。
日本の公害の原点ともいえるこの製錬所、負の遺産として保存する必要もあるのかなあってちょっと思ったりしました。

Grayman2006さんのブログ、拝見しました。
いや~、上質のスナップ写真素晴らしいです(^^)
失礼ながら、リンクさせていただきますね。
<< GWツーリング 足尾ツーリング その2 >>