東京そぞろ歩き

4.28 大平宿

 朝方、布団の中でまどろんでいると、なにやら外のほうからゴロゴロという大きな音が…。しかもザーッ!!っていう激しい雨の音も。ちぇ、朝から雷かよ…。こんな大雨降ってたんじゃ出発できないじゃーん。止んでくれないかなあ…なんて思いつつ二度寝。8時くらいに再び起きると、ラッキーなことにあれだけ降ってた雨が上がってた。よかった~。

 旅館で朝ごはんを食べ、荷造りを済ませてバイクにくくりつける。空を見ると、雨はあがったとはいえ全く油断できなそうな天気だ。しかもちょっと寒いな~。

 駐車場から今回泊まった砂払温泉の写真を撮る。

c0072858_22393714.jpg


 天然温泉に朝ごはん付きで、一泊4,725円!いや~、料金格安だし温泉はいろんな種類があって楽しめた。朝ごはんもおいしかったし。また今度、こっちのほうに来たときは泊まりたいな。

 さて、今日はまず県道8号通称大平街道を通って、有名な中山道の宿場町・妻籠へと向かう予定だ。山深い道をどんどんと進んでいく。行きかう車はほとんど見当たらない。そんな山の中に、突然現れるのが大平の村だ。

 この大平村、かつてはこの大平街道の宿場町として栄えたそうだが、鉄道の飯田線が完成し、国道256号が南にできたこともあって寂れてしまい、昭和45年に住民がとうとう集団離村して廃村になった村だ。

c0072858_2258591.jpg

c0072858_22581817.jpg

c0072858_22582738.jpg

c0072858_2321485.jpg

c0072858_23211667.jpg

c0072858_22584269.jpg

c0072858_22585583.jpg

c0072858_2259579.jpg


 いや~、すごい!廃村とはいえ、今は保存する会が街並みを保存しているので、往時のままで残ってる。これは貴重だな~。なにより、観光地ってわけでもないので人がいないのがいいよ。連休初日の今日なんて、この先の馬籠や妻籠は観光客がうようよいるだろうし。それに比べてこの静けさ…なんともいえない雰囲気だ。

 村のちょっと先には昔の小学校も残ってた。

c0072858_2384267.jpg

c0072858_2385569.jpg

c0072858_239729.jpg


 馬籠や妻籠に近いのに、ここまで来る人ってほとんどいないな。オレ的にはこういうところ、大好きなんだけどね。まあ、ただのゴーストタウンって言っちゃえばそうなんだけどさ(^^;
[PR]

by tigers00 | 2007-05-16 23:21 | ツーリング・バイク | Comments(8)
Commented by takenoko_tarou at 2007-05-17 11:49
凄い場所ですね!(^-^;
人が居ない場所は、それはそれで良いのですけど・・・
なんかテレビのサスペンス系や映画のホラー系に使えそうな場所ですね。。。
でも、夕暮れはかなり怖そうな!(^o^;
Commented by tigers00 at 2007-05-19 00:04
車道沿いの一部の家はおみやげ売ってるところもあって全く無人というわけではなさそうです。
この日はウォーキングイベントがあるみたいで、大平宿を保存する会の人たちも来てましたし。
一部の民家は宿泊できるようになってて、保存する会の人に「今度泊まってけば?」って言われましたけど、一人じゃ死ぬほど怖いと思います…
Commented by ISAOMANI at 2007-05-19 17:48
たしかに夜は怖いかも。。でもカメラやってるものとしては最高のばしょだな。。小学校とか。。
Commented by Grayman2006 at 2007-05-19 21:28
大平宿は、車でも入っていけるところなのでしょうか?!
そして、人は誰もいないのでしょうか(管理の人も含めて…)
人が住んでいる場所から、どれ位離れているのでしょう?!

大内宿は有名ですが、ここは“大平宿”。
写真で見せて頂くと、興味が出てきて、行ってみたいような…。
勝手に、入って行って問題が無いのでしょうか?!
あはは、質問ばかりに申し訳なし!(^^)!
砂払温泉、秋に行けば最高かも知れません。
Commented by tigers00 at 2007-05-20 23:50
> ISAOMANIさん

小学校のグラウンド(?)には炊事場みたいなのがあったから、夏にはキャンプできるのかも。
まあ、廃校になった学校の横でひとりでキャンプはやりたくないですけどね(^^;
Commented by tigers00 at 2007-05-21 00:06
> Grayman2006さん

県道沿いに駐車できるスペースがあるので、そこに車を置いて歩いて見てまわるって感じですね。
人は…おそらく住んでないんじゃないかなあ。
鄙びたおみやげ屋みたいな店も県道沿いにあったんですけど、土日祝日にここまで来て店開けてるって感じでした。
農山村や炭住で廃村になった集落は山ほどありますけど、宿場町で廃村になった集落って、全国的にみても珍しいんじゃないかと思います。

飯田市街から細い山道を結構走ったところにあります。
20kmくらいはあるかなあ。
走ってると、山の中に忽然と姿を現すって感じですね。
集落内を見てまわるだけなら、特に問題はないと思います。
私がUPした写真で、室内を写したものもありますけど、これは割れたガラス戸から覗いて写したものです(^^)
Commented by ryuji_s1 at 2007-05-25 18:16 x
凄いところですねまさに廃村です。

でも保存状態下゛良いですね

びっくりです、

初めて訪問させて頂きました。

今後も、宜しくお願いいたします。
Commented by tigers00 at 2007-05-27 01:38
ryuji_s1さん、こんにちわ\( ^o^ )/
ここみたく、建物がちゃんと保存してある廃村って結構珍しいと思います。
大体、朽ち果てるままになってるとこが多いですからねえ。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
<< 4.28 妻籠宿 4.27 高遠 >>