東京そぞろ歩き

4.30 神宮寺

 町中からバイクで東に移動し、神宮寺へと行ってみた。お寺の多い小浜市の中でも有名なお寺で、歴史も古い。東大寺の二月堂でかれこれ1250年も続いてる「お水取り」って有名な行事があるけど、ここは「お水送り」のお寺。

 なんでも、二月堂のお香水はこの神宮寺の近くを流れる遠敷川の鵜の瀬というところから、地中深くを通って二月堂の若狭井という井戸に送られるんだそうで。そのお水取りがおこなわれる10日前の3月2日に、毎年神宮寺のお坊さんによってお水送りの神事がおこなわれてる。

c0072858_1737661.jpg

c0072858_17372192.jpg

c0072858_17373583.jpg

c0072858_17375110.jpg


 ここの本堂、神社みたいにしめ縄が張られてる。実はここのお寺、神仏習合のとっても珍しいお寺だそうだ。明治の初め、神仏分離令によって寺と神社が明確に分けられることになった。この神宮寺に祀られていたご神体も差し出すようにとの命令を受けたが、身代わりを差し出してご神体は本堂に秘蔵したんだそうだ。

 ということで、それ以降も神仏習合のまま。本堂にお参りするときは、神社と同じように拍手(かしわで)をうってお参りする、珍しいお寺なんだとか。

 ちなみに本堂は1553年に再建されたもの。再建したのは朝倉義景だ。朝倉氏といえば越前の大名なんだけど、この頃には若狭のほうにも影響力を持ってたんだろうなあ。


 
 神宮寺を出て、山奥のほうへとバイクで行ってみる。この道は鯖街道といわれた京都へと続く街道のひとつで、根来峠越えの道だ。オレの持ってる地図には道路が途中で行き止まっていたので適当なとこで引き返したんだけど、あとで調べたら最近林道が開通して朽木のほうに抜けられるようになっていた。なんだ~、それなら抜けてみたかったなあ。

 途中、最奥の上根来の集落で古い木造校舎の小学校を見つける。

c0072858_18102781.jpg


 さすがにもう現役で使われてはいないみたいだけど、なにかの目的で利用されてるみたい。しかし、こういうとこで肝試しやったら怖いだろうなあ(^^;
[PR]

by tigers00 | 2007-06-24 18:12 | ツーリング・バイク | Comments(0)
<< 4.30 エンゼルライン 4.30 空印寺 >>