東京そぞろ歩き

5.26 関宿散策 その2

 
 引き続き関宿を散歩。

c0072858_2117254.jpg

 なんか郵便局も古風な感じ。


c0072858_20361577.jpg

 緑色のタイルの門柱が気になる古い家屋。


c0072858_20375257.jpg

 右側はタバコ屋兼雑貨屋みたいな店だったのかなあ。左側は上にうっすらと「医院」の文字が。いい具合に朽ちている。


c0072858_20471569.jpg

 「旅館」の看板がかかるお店。今は旅館業務はやってなさそうだなあ、魚屋さんか八百屋さんってとこか。


c0072858_20573668.jpg

 西の方向は鈴鹿峠。うへ~、山が迫ってる。あれを越えて行くのか。オレはバイクで難なく越えられるけどさ。歩いて越えること考えると、イヤになりそうだ。ちなみに、近江側からの登りは緩やかなんだが、こちら側からの登りは結構な難所だったらしい。


c0072858_2193632.jpg

 昔の旅籠、「玉屋」が一般公開されているので入ってみる。


c0072858_21105140.jpg

 昔の寝床ですね。枕、高いよなあ。あんな高い枕で安眠できるんだろうか(^^)


c0072858_21125844.jpg

 おっ、縁側だ。オレ、縁側好きなんだよねw 中庭を眺めながら5月の爽やかな風に吹かれてると、思わず昼寝したくなる(^^;


 なんだかんだ、昼飯まで食べて3時間ぐらいブラブラしてしまった。なかなかいい街並みだったなあ。馬籠や妻籠みたいに気合の入った感じはなく、ところどころ朽ちた商店やら民家やらがあって、そういう自然な感じが自分的にポイント高かった。

 さて、出発するかな。次は鈴鹿峠越えて、土山の町に寄ってみよう。
[PR]

by tigers00 | 2008-06-13 21:50 | ツーリング・バイク | Comments(4)
Commented by シゲ at 2008-06-14 00:23 x
こんばんわぁーー
旅のレポートは、当事者の息遣いが今にも聞こえてきそうで楽しい。
鈴鹿峠越えの写真は、とってもエエなぁ~と感じました。
準備万端、さぁ~越えてやるぜ~って・・・・。

越えてゆけ それを・・
越えてゆけ そこを・・
今はまだ 人生を 人生を語らず・・  ♪♪
                          吉田拓郎/人生を語らず


Commented by siisawatto-kimama at 2008-06-14 06:52
おはようございます。
ここは歴史のある街なんですね。
昔の旅館がとても興味深く楽しく拝見しました♪
こういう街は私結構好きです♪
縁側のある写真とてもいいですね〜。
庭も素敵だし、昼寝したら気持ち良さそうで憧れますね。
Commented by tigers00 at 2008-06-14 23:02
シゲさん、どーもです(^^)

お~、吉田拓郎ですか、シブいですね~
わたしゃ、拓郎だと「流星」がお気に入りです。

 さりげない日々につまづいた僕は
 星を数える男になったよ
 あ~あああ、お~おおおお、流れていく♪

バイクで長旅に出たとき、走りながら一度は必ず口ずさみます(笑)
Commented by tigers00 at 2008-06-14 23:10
siisawatto-kimamaさん、こんばんわ~♪

そうですね、ここは昔の宿場町で、昔の雰囲気が良く残ってるんですよ。
ブラブラ散歩するにはいい町でした。

旅籠の縁側、ほかに観光客いなかったら寝てましたねw
<< 5.26 土山宿 5.26 関宿散策 その1 >>