東京そぞろ歩き

5.27 君ヶ畑


 蛭谷から更に山奥へ10分ほど走る。突然空が広くなって開けた場所に、君ヶ畑の村があった。

c0072858_1843888.jpg


 村の入口に「木地師の里」と書かれた柱が立っている。集落に入っていくと、小さいながらも駐車場があったので、そこにバイクをとめて村の中を歩いてみることにした。

c0072858_1894669.jpg

 駐車場横のミニ展示館。木地師の使った道具なんかが展示されている。


c0072858_18105613.jpg

 茅葺きの屋根がなんとも綺麗。


c0072858_18121260.jpg

 村のメインストリートを歩く。しかし、人の姿が見えないなあ。


c0072858_18135892.jpg

 村の一番奥には、このあたりにはそぐわない新しい建物が。ここは、昔小学校の分校があった場所。その土地を化粧品会社の「ノエビア」が買い取って研究所を作ったんだそうだ。この村に住むおじさんに聞いたんだけど、たまに社長がヘリコプターに乗ってやってくる、なんて話だった。こんな山の中に研究所を作ったのは、水が綺麗なのが大きな理由なんだろう。


c0072858_1817480.jpg

 村の脇を流れる御池川。やっぱり水は澄んでて綺麗だった。


c0072858_18212090.jpg

 まさに、山村のたたずまい。


c0072858_18235221.jpg

 ここは、金龍寺。またの名を高松御所。言い伝えによると、皇位継承に敗れた惟喬親王が、当時小松畑と呼ばれていたこの地に隠棲し、金龍寺を建てて住まいとしたんだそうな。その関係で、ここを高松御所、この地をそれ以降君ヶ畑と呼ぶようになったんだとか。


c0072858_18302324.jpg

 金龍寺の隣にある、惟喬親王を祭神とする大皇器地祖神社。


c0072858_18331382.jpg

 古くて、由緒正しそうな神社。


c0072858_18342776.jpg

 こうやってちょっと高いとこから眺めてみると、ほんとに山奥だなあと実感。


 かつて、蛭谷も君ヶ畑も全国に散らばる木地師を氏子にして、その木地師としての身分を保証する代わりに、いろんな名目での上納金をもらっていた。そんなわけで、蛭谷と君ヶ畑は言ってみればライバル関係にあったらしい。

 どちらの氏子にするかで収入が増えたり減ったりするのだからそれも当然なんだろう。隣近所の村どうしではあるが、江戸時代には村同士で対立していて、時には刃傷沙汰ってこともあったんだそうだ。今じゃどちらも高齢者ばかりの村だし、昔みたいな対立関係にはないだろうなあ、きっと。

 バイクに戻って君ヶ畑をあとにする。途中、筒井峠に差し掛かったときに神社を見つける。どうやら、ここが本家本元の筒井神社らしい。

c0072858_199157.jpg

c0072858_1991889.jpg

 う~む、ここもやっぱり惟喬親王だ。蛭谷、君ヶ畑の周辺は、どこもかしこも惟喬親王の伝説だらけでした。
[PR]

by tigers00 | 2008-07-06 19:11 | ツーリング・バイク | Comments(8)
Commented by siisawatto-kimama at 2008-07-12 14:52
藁葺きの家がいいですね。
よくある観光地じゃないせいか、いい風情がありますね。
観光客が滅多に来ない隠れ里まで来てしまったような気分になります。( ̄-  ̄ ) ンー
Commented by tigers00 at 2008-07-13 21:36
siisawatto-kimamaさん、こんばんわ♪

まさに山奥ですので、観光客はほとんど来ないでしょうねえ。
けど、日本全国の小椋姓の発祥地ということで、小椋さんは結構来るかも・・・(^^;
あとは歴史好きの人か、山登りの人か、渓流釣りの人かってとこでしょうね。
Commented by iza-nagi at 2008-08-05 22:33
萱葺きがある風景・・・
良いですね・・・心に沁みる風景です。
やはり観光地になっていないようなところは良いですよね
こういうはたから見ればマニアック(?)と思われるようなところに旅行に行くのって楽しそうです♪
しかし大昔には、そういう事はあったでしょうね~、街を挟んで争いをする・・・
今では考えれないような事ですよね、何気ないけれど歴史は深いものです。
Commented by tigers00 at 2008-08-09 22:37
iza-nagiさん、こんばんわ♪
最近、ブログも放置プレイ状態で・・・(^^;
お返事遅くなってすいませんですm(_ _)m

自分の場合、人ごみが嫌いなこともあって、こういうあんまり人が行かないような場所が好きなんですよね。
で、なおかつそこが歴史的に面白い場所であれば言うことナシです(^^)
Commented by aoi_color at 2008-09-03 21:17
周辺は茅葺きの民家(トタン葺きの下も茅ですね)が多い様ですね。
歴史ある部落の様で大皇器地祖神社も風情があって趣が感じられます。
Commented by tigers00 at 2008-09-06 22:02
aoi_colorさん、こんばんわ。

全然更新してないブログですいません・・・(^^;
普段都会で生活してると、たまにこういうとこに行きたくなるんですよね。
空気がおいしいし、風情もあってよかったです(^^)
Commented by 鈴鹿もん at 2011-01-30 17:33 x
心のふるさと、君ヶ畑をこんなに素敵な写真とブログで公開していただき、とっても嬉しいです。
ノエビアさんが研究所作られたとは知りませんでした。
私の実家は鈴鹿山脈の反対側(三重県)にありますが、また石博峠から回っていきたいと思います。
しかし何故滋賀県には民度の高い集落が多いのでしょう・・・・。
君ヶ畑には宿がなく残念ですが、政所の民宿や日登美山荘さんに1泊するのもいいですね。
Commented by tigers00 at 2011-01-30 22:25
鈴鹿もんさん、こんばんわ。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

かれこれ2年半ほど前に訪問した君ヶ畑ですが、今も全く変わらない佇まいなんでしょうねえ。
政所も通りましたが、今でも茶畑があるんですね。
民宿があるんなら一泊して、有名な政所茶を飲んでみたいもんです。
<< 今日のとんトロ 5.27 蛭谷 >>