東京そぞろ歩き

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


奥会津~新潟ツーリング その6


 国道252号をしばらく行くと、会津塩沢に到着。ここにはなにがあるかというと、司馬遼太郎の小説「峠」で有名な河井継之助の墓と記念館があるのだ。

 幕末、新政府軍と戦闘に入った長岡藩は、この河井継之助の指揮によって徹底抗戦するものの、結局敗れて会津藩に撤退。銃弾を受けていた河井継之助は、この地で傷が悪化して息を引き取った。

 その墓は、医王寺という寺にあったんだけど、無住職って感じのお寺っぽかった。


c0072858_0283772.jpg


c0072858_028511.jpg


 記念館は最近リニューアルされたらしく、新しくてキレイ。入るとすでに団体のお客さんがいて、説明係の方がいろいろとお話をされていたので、オレも団体にまぎれて話を聞いた。

 興味深かったのは、長岡藩の侍たちが故郷長岡を捨てて撤退するときに、城から持ち出した黄金をどこかの山の中にひそかに埋めたという話。説明係の人は、「赤城山の埋蔵金よりもこちらのほうが信憑性高いです」てなことをおっしゃってた。

 その侍たちが通った道は、八十里越という険しい山道で、今は廃道になっていて歩いて通ることもままならないんだそうだ。


c0072858_0482245.jpg


 館内に移築されている、継之助が息を引き取った部屋。


c0072858_155155.jpg


 当時最先端だったガトリング砲。この頃国内には3門しかなく、そのうちの2門を長岡藩が所有してたんだそうだ。相当な金額を出して購入したんだけど、これも長岡から撤退するときに、新政府軍の手に渡らないよう、池だか沼だか川だかに遺棄したという話だ。

 ちなみに河井継之助の記念館は、出身地の長岡にもあるそうだ。こういう記念館が2ヶ所につくられてる人って珍しいんじゃなかろうか?
[PR]

by tigers00 | 2009-06-13 01:18 | ツーリング・バイク | Comments(0)

奥会津~新潟ツーリング その5


 旅も3日目。この日は朝から曇り空で、夕方からは雨の予報。宿で朝風呂につかり、朝食を食べたあと9時頃に出発。今日の予定は、国道252号を新潟方面に走り、長岡で宿泊。ここからだと150kmくらいだし、雨が降ってきたら観光は中止にしてひたすら走ればいいか。

 三島町から金山町に入り、沼沢湖という湖に立ち寄ってみる。地図に記されてる「妖精美術館」っていうのが気になったんだよね。


c0072858_0425112.jpg


 この、道路の突き当たり、林の中に佇んでいるのが妖精美術館。立地のシチュエーション的には妖精美術館ぽくっていいのかも。

 金山町ってとこはその観光パンフレットにも謳ってるんだけど、「妖精の里」なんだそうだ。なにゆえ妖精なのかはパンフにも載ってなかったんだけどね。

 美術館の入館料300円を払って中へ入ってみる。基本的に、妖精ってのはヨーロッパのものであって、展示物もヨーロッパの絵画、彫刻が中心。なんかちょっとファンタジーな妖精の姿を想像してたけど、けっこうグロい感じの彫刻なんかもあった。個人的には猫と人間のあいのこチックな「猫魔」なんてのは妖怪みたいで面白かったな。

 沼沢湖はあんまり聞いたことのない湖だし、それほど観光地化してる風でもなかった。なんにもないといえばそんな感じだったなあ。

c0072858_194261.jpg

[PR]

by tigers00 | 2009-06-07 01:09 | ツーリング・バイク | Comments(0)

奥会津~新潟ツーリング その4


 来た道を戻るように、国道352号を北上、401号、289号とつないでひたすら走る。この時間になると朝の寒さもどこへやら、絶好のツーリング日和に。クルマのほとんど走ってない田舎の国道を満喫しつつ、会津柳津に到着したのは3時ごろ。

 町なかの商店街の駐車場にバイクをとめて、福満虚空蔵尊の門前町として発展した柳津の町を歩いてみた。


c0072858_2353875.jpg


c0072858_23533333.jpg


c0072858_23534743.jpg



 しばらく歩くと、福満虚空蔵尊に到着。


c0072858_23571427.jpg


c0072858_23574152.jpg


c0072858_2358541.jpg


c0072858_23582078.jpg



 この福満虚空蔵尊は日本三大虚空蔵尊の一つに数えられているそうで、創建から1200年になるんだとか。ちゃんと本堂に手を合わせて、今年一年の健康を祈っておきました。

 この日は、近くにある「つきみが丘町民センター」という温泉に宿泊。いかにも公的機関がやってますよ~っていう感じの味も素っ気もない名前の施設だけど、温泉に1泊2食付いて6,500円は格安!温泉旅館って、一人泊はなかなか受け入れてくれなかったり、割高だったりするんだけど、いや~ここは良かったわ。夕食も残さず食べたら、胃袋パンパンになるくらいの量で満足できたし。

 温泉につかってゆっくり疲れを取って早めに就寝。
[PR]

by tigers00 | 2009-06-02 00:17 | ツーリング・バイク | Comments(0)