東京そぞろ歩き

タグ:東京 ( 73 ) タグの人気記事


品川宿 その2


 
c0072858_2329261.jpg





c0072858_23294581.jpg





c0072858_2330495.jpg





c0072858_23301998.jpg



 
[PR]

by tigers00 | 2011-07-29 23:45 | 散歩 | Comments(0)

品川宿 その1


 え~、実に久々の更新でございます^^;

 いや~、もうさすがにこれだけ放置してると誰も見てないだろうなあ、なんて思いつつマイブログのレポートをクリックしてみると・・・


 なんとなんと、いまだに一日平均15人くらいの方が見に来てくれていたのでありました。

 それじゃあ、ちゃんと更新しなくちゃなあと思った次第でありまして。

 もうずいぶんと期間が開いたので、前回UPしたかなまら祭りの記事は続きを書くことなく^^;新しい記事でもUPしちゃいます。

 まあ、ブログの趣旨にも沿うように、久々に東京の街を散歩したときの写真です。場所は東海道最初の宿場町、品川です。カメラの設定をちょこっといじくって、トイカメラ風に撮ってみました。



c0072858_22434895.jpg






c0072858_2244973.jpg






c0072858_22442834.jpg






c0072858_22444312.jpg




 まずは品川寺です。次回、旧東海道に沿って歩いてみたいと思います。
[PR]

by tigers00 | 2011-07-11 22:53 | 散歩 | Comments(0)

玉の井散歩 その3


 さて、ほかにも当時のカフェー建築って残ってるかな~と思いつつ周囲を散策。



c0072858_22145623.jpg

 これは・・・違うか。1階の窓の手すりに透かし彫りでもあればそれっぽくもあったんだけど。




c0072858_22175554.jpg

 これはビンゴ!バルコニーの曲線に2本の円柱。白いペンキで塗ってあるけど、円柱をよーく見るとその下にはタイルが張ってあるのは明らか。




c0072858_22213211.jpg

 そしてこの物件。残念ながら通りに面した部分がシートで覆われていて見えないんだけど、これもどうやらカフェー建築らしいです。やっぱり、わずかながら残ってるんだなあ。




c0072858_2225798.jpg

 このおもちゃ屋さんもそれっぽい。1階の部分は普通なんだけど、上に目をやると三角屋根の窓のところに青色の色鮮やかなタイルが。ここもおそらくそうでしょう。



 そんなわけで、いくつかのカフェー建築を発見できて、旧赤線地域の雰囲気をちょっとだけ味わうことができた玉の井散歩でした。
[PR]

by tigers00 | 2011-03-08 22:31 | 散歩 | Comments(2)

玉の井散歩 その2


 前回の続き、玉の井の散策です。

 しばらく歩いてると、飲み屋が軒を連ねてる一角に遭遇。


c0072858_0262026.jpg


 この通りがメインストリートだったようですね。




c0072858_0283242.jpg


 鮮やかな赤い装飾の廃家屋。2階のバルコニーの形状といい、それっぽい感じ。普通の民家には見えないですね。




c0072858_033011.jpg


 ドアの意匠自体に凝ったところは見受けられないんだけど・・・




c0072858_038292.jpg


 裏通りにこの物件を発見!これはバルコニーの曲線といい、円柱の柱といい、窓の装飾といい紛れもないカフェー建築。今は一般の住宅になってるようですが、昔はここであんなことやこんなことが繰り広げられてたんでしょうなあ。
[PR]

by tigers00 | 2011-03-07 00:42 | 散歩 | Comments(0)

玉の井散歩 その1

 こないだ、このブログのアクセス解析っていうのを見てて、「あれっ?」って思った。なぜか2月6日のアクセス数が異様に多い。なんだろうなあ、って思いつつ検索ワードランキングを見てみると、「洲崎パラダイス」から検索してたどり着いた人が急増していた。


 あ~、なるほど、そういえば前日の2月5日、TV東京の「アド街ック天国」って番組で東陽町を特集してて、洲崎パラダイスが取り上げられてたんだっけか。オレもたまたま見てたんだよ。ナゾが解けたぜ。


 というわけで今回は、その洲崎同様有名な私娼窟だった玉の井を散歩したときの写真をUPします。


 

 玉の井はかの文豪永井荷風先生も足繁く通ったといわれる赤線地帯で、路地中に銘酒屋(飲み屋ではなくいわゆる春を売るお店)が密集し、迷路のように入り組んでいたそうだ。荷風先生はそんな玉の井のことを「ラビリント(迷宮)」などと表現されていたらしい。


 往時には500軒近い店と1000人以上の女性が働いてたそうで、今で言うと歌舞伎町みたいな賑わいだったんでしょうねえ。ちなみに、今でいうと東向島5丁目がそのあたり。しかし、この界隈は東京大空襲でほぼ壊滅、その名残を思わせる建物って残ってないんですよ。昔ながらの迷宮的な路地の感じは、地図見れば伺えるんだけどねえ。


 で、戦後、一部の店は鳩の街へ移転して営業、残った一部は戦災で被害の少なかった墨田3丁目のほうに移転して営業を続けたということです。そんなわけで、赤線地帯の雰囲気を今もちょっと残してる墨田3丁目を歩いてきました。





c0072858_21522755.jpg


 玉の井って地名はなくなったけど、ここの通りはまだ玉の井が現役。けど、「の」がカタカナだなぁ。




c0072858_2157212.jpg


 今はなんてことない住宅地って感じだが。



c0072858_21543695.jpg


 路地に入るとなにやら怪しげなバーが。その名も「バーロジ」。
 



c0072858_2203263.jpg


 うお~、なんだかすごい物件を発見。2階についてる用をなさないドアといい、なぜか1階に設置されてるアンテナといい、2階が出っ張ってるその形状といい突っ込みどころ多すぎ!


 次回に続きます。
[PR]

by tigers00 | 2011-02-28 22:03 | 散歩 | Comments(0)

京島散歩 後編


c0072858_2345543.jpg





c0072858_2346865.jpg





c0072858_23461566.jpg





c0072858_23462291.jpg



 

 今回は1時間ほどぶらついただけだったので、京島編は以上で終了です。


 
[PR]

by tigers00 | 2011-02-23 00:13 | 散歩 | Comments(0)

京島散歩 前編

 久々に、東京を散歩したときの写真をUPします!撮りためた写真も結構あるし、あちこち歩いてはいるんですけどね。東京って、結構いろんな方が写真撮ってブログにUPされたりしてるので、なんだか後回しになっちゃうんです。

 で、今回は去年の秋に墨田区の京島近辺を散策してきたときの写真をUPします。

 京島は、太平洋戦争のときの空襲被害が少なかったこともあって、いかにも東京の下町っていう雰囲気が残ってる、写真撮りながら歩くにはとてもいい町です。木造の長屋風建造物が連なるこの界隈の風景は、いまだに昭和の香りが漂っております。

 ただし、そういう町なので災害時の建物倒壊危険度が高くなってるんですよね。都が調査して発表したランキングだと都内5073エリア中、京島2丁目が第1位、京島3丁目が13位となってます。古い街並み好きの自分としては、いつまでも今のままの姿であり続けてほしいんですけどね。




c0072858_20501478.jpg






c0072858_20502977.jpg





c0072858_20504199.jpg





c0072858_2050537.jpg

[PR]

by tigers00 | 2011-02-20 20:46 | 散歩 | Comments(0)

浅草界隈


 ずいぶんと久々の更新です。ここ最近、引越したり仕事が急に忙しくなったりで、なかなか写真撮れてないんですが、たまには更新しようかと^^;

 以前歩いた浅草あたりの写真です。


c0072858_17395148.jpg




c0072858_17401696.jpg




c0072858_17403252.jpg




c0072858_17404966.jpg




c0072858_1741383.jpg

[PR]

by tigers00 | 2010-07-19 17:42 | 散歩 | Comments(2)

人形町~新大橋散歩

その3 清澄界隈


c0072858_237365.jpg


 隅田川と小名木川の合流地点にある芭蕉庵史跡庭園の松尾芭蕉像。




c0072858_23104961.jpg


 芭蕉稲荷神社。ここがおそらく芭蕉庵だったんだろうなあ、という場所。一応ここにあったってことになっているけど、芭蕉亡きあと芭蕉庵のあった場所は武家屋敷の一部になったりしたので、イマイチはっきりと場所を確定できないようです。




c0072858_23103021.jpg


 小名木川にかかる萬年橋。この橋は北斎が富嶽三十六景で、広重も名所江戸百景で描いている。下の絵は葛飾北斎の描いた萬年橋。


c0072858_23242325.jpg


 この弓なりの形状、今の橋のアーチ部分に似てますなあ。
[PR]

by tigers00 | 2010-01-11 23:30 | 散歩 | Comments(2)

人形町~新大橋散歩

その2 新大橋界隈


c0072858_2274061.jpg




c0072858_2275085.jpg




c0072858_2275881.jpg


 新大橋が初めて架けられたのは、元禄6年(1693年)のこと。今みたいに、隅田川に何本も橋が架かってたわけでもなく、千住大橋、両国橋に続いて3本目に架けられた橋になる。近隣の住民は大変ありがたがったらしく、当時川向こうの深川に住んでいた松尾芭蕉も、

 「初雪やかけかかりたる橋の上」

 「ありがたやいただいて踏むはしの霜」

 という新大橋にちなむ句を詠んでいる。


 この橋が、近代風の鉄橋になるのは明治45年(1912年)のこと。それも昭和52年には今の橋に架け替えられ、古い橋は愛知県犬山市にある明治村に移築されている。ちなみに、去年の夏に明治村に行ったときに撮った写真がこちら。


c0072858_22331949.jpg



c0072858_22333323.jpg


 下の写真の中央を通っている4本の線は、当時東京を走っていた都電の線路跡らしい。
[PR]

by tigers00 | 2010-01-10 22:39 | 散歩 | Comments(0)