人気ブログランキング |

東京そぞろ歩き

赤坂散歩 その3

 乃木邸から檜坂を経て赤坂氷川神社へ。この神社は、8代将軍徳川吉宗が自らの産土神として尊崇し、将軍就任後の1730年に現在地に移して社殿を造営したとのこと。元禄(1688~1704)の頃には、ここに備後三次の浅野家藩邸があり、大石内蔵助の「南部坂雪の別れ」の舞台になったといわれている。

 氷川神社についての描写を『赤坂散歩』より抜粋してみる。
「石畳を踏みつつ社殿にむかうと、古い樹々が元気よく梢をのばしていて、まことに気分がいい。拝殿・本殿はよほど奥まっていて、都の文化財になっている。(中略)この赤坂氷川の拝殿・社殿は朱塗をかけてところどころ剛い金具を打っただけで、じつにすっきりしている。
 境内も、閑寂でいい。絵馬堂もあり、みこしなどをおさめた蔵などもあるのだが、いずれの建物も気品がある」

c0072858_22182889.jpg

c0072858_22194327.jpg


 ここはほんとに東京の中心部か?と思うほどに静寂だ。ここから歩いて15分で六本木ヒルズだが、そのあたりの喧騒がウソのよう。神社の社務所?も、昭和40年代ぐらいの築じゃないかと思われるくらいの味がある。境内は、散歩をする人、ベンチで昼寝をする人などのんびりとした感じだ。近所の子供だろうか、女の子が自転車の練習をしている姿が印象的だった。

c0072858_22203681.jpg

c0072858_22233621.jpg


 

by tigers00 | 2005-03-27 22:36 | 散歩
<< 謎の食堂 赤坂散歩 その2 >>