人気ブログランキング |

東京そぞろ歩き

5.03 志賀~実家 (1)

 朝、5時ごろに目が覚める。うわ~、メチャメチャ寒い。寒くて寝てられんぞ。今回のツーリングでは、シュラフの中に入れて使うインナーを持ってきてるのに、それを使っててもまだ寒い。しょうがないのでカイロに火を入れるが、たいして役にも立たなかった。これじゃ、もう寝れないな…。シュラフにくるまりながらラジオを聞いてぼんやりと過ごす。でもなんか、こうやって過ごすキャンプの朝って、とても贅沢な時間だ。
 
 日が昇ってくると暖かくなってきた。トイレに行って顔を洗って、テントをたたんで出発の準備。さて、荷物を積んで出発、というところでキャンプ場利用代金徴収係のおばさん登場。もうちょっと早く出て行くべきだったかな~。けど利用料払うのは当然だし、1300円を支払っていざ出発!今日もいい天気になりそうだ。

 今日の第一の目的地はなぎさドライブウェイ。ここは、日本でも珍しい波打ち際を走れる道路だ。なんでも、砂の目が細かくて締まっているため、車でもスタックせずに走れるんだとか。ここは、ぜひとも走ってみたかった道だけに期待に胸が膨らむ。国道249号を南下し、千里浜からなぎさドライブウェイに入る。すご~い!ほんとに波打ち際を車が走ってるよ。
c0072858_221467.jpg


 バイクを停めようとするとサイドスタンドがズブズブ沈んで傾いてしまうが、走る分には普通に走れる。全長はだいたい8kmくらいか。けどこれ、走ってて面白い。景色もサイコー!結局2往復もしちゃったよ。で、ところどころでバイクを停めて写真も撮った。いや~、来てよかった!
c0072858_2222784.jpg

c0072858_22222831.jpg

c0072858_22243194.jpg


 十分楽しんだので、金沢方面に向けて出発。途中、国道159号から県道8号に入り、内灘町へ。ここにある、歴史民俗資料館「風と砂の館」に行ってみる。特になにがどうということのない資料館だが、こういう施設が好きなのだ。しかも今日はGWということで入館無料だった。ラッキー。こういう資料館って、昔使われていた臼やら蓑やら壷やらそういう道具類が展示されてるところが多いのだが、ここはそういうのはなく、メイン展示は戦後の米軍砲弾試射場の建設反対運動である内灘闘争と、昔この地で賑わった粟ヶ崎遊園に関する資料。粟ヶ崎遊園は宝塚をまねて作られた少女歌劇団で、当時は相当人気があったらしい。ここの資料館は、ただ展示品を並べただけでなく、はっきりとテーマを絞っており面白かった。
c0072858_232049100.jpg


 金沢へはあと少しだ。途中のマックで昼飯を食べ、いざ金沢の中心部へ。しかし、兼六園の付近は車で激混み。さすがGW、警察官が道路上で交通整理をおこなっているが、全然動かん。まあ、車だったらイヤになるシチュエーションも、バイクならいくらでも隙を見て動くことができる。ちょっと交通量の少ない裏道の歩道にバイクを停めて、歩いて散策することに。

 兼六園は10数年前に行ったことがあるのでパス。どんなとこだったかよく覚えてないけど、さすがに今日は入ろうという気が失せる。メチャメチャ混んでそうなんだもん。兼六園近くの石川県立歴史博物館へ。さすが県立の博物館、ゆっくりまわってるとあっという間に時間が過ぎていきそう。入館料250円で内容充実だった。
c0072858_23365594.jpg


by tigers00 | 2005-05-03 23:42 | 2005 GWツーリング
<< 5.03 志賀~実家 (2) 5.02 輪島~志賀 (2) >>