人気ブログランキング |

東京そぞろ歩き

真壁町散歩 その1

 バイクでちょっと遠出するか、というとき、行くのはだいたい栃木、群馬、そして茨城だ。うちからだと、常磐道、東北道には乗りやすいんだけど、中央道とか東名なんかはいつも混んでる首都高を通らなくちゃならないし、その分700円余分にお金かかるし、時間もかかるのであんまり行こうという気にならない。下道通るのでも東京の交通渋滞を抜け出すのにえらい体力消耗しちゃうしね。そんなわけで、何度か行ったことがあったって、どうしても北の方面に足が向いちゃうのだった。

 今回行った茨城県の真壁も1年ほど前に行ったことがあって、今回で二度目の訪問になる。ここ真壁は、まあそれほど知名度のある町ではないと思う。古い町並みだと、栃木市とか川越市のほうが有名なんだけど、オレはこの真壁のほうが好きなんだよなあ。なんかヘタに「作って」ないし、商売っ気もないし、観光客も少ないし、そんなところがいいところだ。この町の古い建物群はなかなか素晴らしい。なんでも、国の登録有形文化財は104棟もあるんだとか。

 旧真壁駅の駐車場にバイクを停めた。この町には昔、筑波鉄道の路線が走ってて、その頃の線路跡が「りんりんロード」という名前のサイクリングロードになっている。岩瀬からつくば市までだから20~30kmほどあるのかなあ。真壁はちょうど中間点あたりで、駅跡はこのりんりんロードを走る人達の休憩ポイントにもなっている。写真は、サイクリングロードと休憩場所のプラットホーム。
c0072858_18483337.jpg


by tigers00 | 2005-11-06 18:53 | 散歩
<< 真壁町散歩 その2 旧古河庭園 >>