人気ブログランキング |

東京そぞろ歩き

5.02 大江町 鬼の交流博物館

 さて、実家で一日ゆっくりしたし、四国に向けて出発するか、と思い窓を開けて外を眺めてみる。
c0072858_22234768.jpg

 天気悪いじゃん!しかも、夏日だった昨日とうって変わって肌寒いくらいの気候だし。ってことで、今日も一日実家でゆっくりすることに決定!

 午前中は雨がパラつく天気だったが、午後からは雨もやんで明るくなってきた。それじゃ、どっか行くかな~

 地図をパラパラとめくり、大江山のほうに行ってみることに。大江山は酒呑童子の伝説で有名な地で、そのふもとに「日本の鬼の交流博物館」という施設がある。まずはそこに行ってみることに。

 この博物館の付近は酒呑童子の里として整備されていて、テニスコートやら野鳥の森やらキャンプ場やらが立ち並んでいる。ただ、交通アクセスはあまりよくない。いかんせん山の中だ。この酒呑童子の里一帯は、もともと河守鉱山という銅鉱山の跡地なのだそうだ。

 酒呑童子の里に近づくと、いろんな鬼が出迎えてくれる。
c0072858_22592786.jpg

道路の分岐点に立って「あっち!」と指をさして教えてくれてるのが『分鬼』という鬼(笑)。

 ほかにも呑鬼だとか遊鬼だとか…。
c0072858_235242.jpg

c0072858_2353573.jpg


 こちらはモヒカンに蝶ネクタイの鬼と大黒様のような鬼。
c0072858_2362644.jpg

c0072858_2363694.jpg

なんでもかんでも鬼にすればいいってもんじゃ…

 鬼だけではなくて鬼退治に出かけた源頼光ご一行様の像もある。
c0072858_2393420.jpg

道路沿いにあるんだけど、夜いきなり見たらビビるよ、絶対。

 で、鬼の大瓦というものもある。
c0072858_2312434.jpg

高さ5m、重さ10tのこの大瓦はさすがの迫力です。

 博物館は、日本で唯一の鬼をテーマにした博物館。
c0072858_2316161.jpg

大江山の鬼退治伝説の紹介やら鬼瓦のコーナーやらが展示室で、そのほかにも約1000冊の鬼に関する書籍が収蔵されている。しかし、GWだというのに人が少ないな~

by tigers00 | 2006-05-18 23:23 | 2006 GWツーリング
<< 5.02 大江町 二瀬川渓流付近 5.01 舞鶴市内散策 赤レン... >>