東京そぞろ歩き

5.07 神在居の千枚田~檮原町内

 檮原まで来てどうしても見たかったのが、神在居(かんざいこ)地区の千枚田だ。司馬遼太郎さんが「人類の大遺産」と言って絶賛したその千枚田、ここまで来たなら絶対に見なくちゃ。

 この千枚田を遠望できる位置に展望台があるんだけど、入口がわかりづらい。いったん通り過ぎて、「あれ?おかしいな」と思ってもう一回引き返したら、国道沿いに小さく看板が出ていた。看板にしたがって細い道をセローで登っていくと、展望台に到着。
c0072858_22274655.jpg

c0072858_22275749.jpg

 う~ん、お見事!さっきの茶畑同様、平地のない場所でいかに作物を育てるか、苦心と苦労の末に生み出されたのがこの千枚田。まだ現役の田んぼなだけに遺産というのも変だけど、この地に根を張って生きてきた人たちの、偉大さが感じ取れた。

 時間はもう5時を過ぎている。けどさすが5月なだけあって、まだまわりは明るい。じゃ、次は檮原の町中に行ってみるか。

 まずは維新の門群像へ。この町は、幕末期に脱藩する際の通り道になっており、若き日の坂本龍馬もここ檮原を経由して脱藩して行った。そういう経緯があって維新の門群像のモニュメントが作られている。
c0072858_22494664.jpg

c0072858_22482875.jpg

c0072858_22481438.jpg

c0072858_2248407.jpg

 
 ここにバイクを置いて、町中を散策してみる。ほんとにこじんまりとした町で、商店街もシャッターが下りてる店がほとんど。晩飯食べられそうな店でもあればと思ってチェックしつつ歩いてたんだけど、どうにも見つからなかった。
c0072858_22572613.jpg


 そんな中、見つけたのがゆすはら座という芝居小屋。なんでも、高知県唯一の木造芝居小屋で昭和23年に建てられたものだそう。
c0072858_2303542.jpg

c0072858_23045100.jpg

c0072858_2305679.jpg

 人口5000人程度の小さな町にも、こういう芝居小屋が存在したのかー。今はどういう使われ方してるんだろ?内子座みたいな観光施設にもなってないようだし。今でも芝居の興行がおこなわれたりするんだろうか?

本日の走行距離 80.4km
[PR]

by tigers00 | 2006-06-17 23:24 | 2006 GWツーリング | Comments(2)
Commented by Nobu at 2006-06-20 22:43 x
こんばんは。
こういう商店街、好きですよ〜。
千枚田も素晴らしいですね。千枚田、私は一度も見たことがないんですよ。
ところで、維新の門群像なんとなく「一世風靡セピア」を思い出しました!「そいやっ!!」って感じですよね。
Commented by tigers00 at 2006-06-22 21:17
千枚田はここ最近では観光資産として注目されてますね。
「日本の棚田百選」なんかに選ばれてる田んぼは、観光パンフレットに載ってたりしますからね。
一世風靡セピアか~、懐かしい。
Nobuさんと同じ世代だな~、きっと(笑)
<< 5.08 四万十川流域 5.07 布施ヶ坂の茶畑 >>