人気ブログランキング |

東京そぞろ歩き

足尾ツーリング その1

 4月21日の土曜日、今日は暖かくなるらしい。天気予報でそう言ってた。ここんとこ、寒の戻りで真冬並みの日が続いたけど、ようやくツーリングシーズンの到来だな~。オレのような軟弱ライダーも、これくらい暖かけりゃ遠出できるよ(^^; 

 で、どこに行くか?うちから遠出する際、一番アクセスがいいのは常磐道に乗っての茨城方面。霞ヶ浦とか筑波のほうなら行きやすいんだけど、ついこないだも行ったばっかだしなあ。じゃ、二番目にアクセスのいい東北道で栃木・群馬方面に行ってみるか。

 そういえば2年前の今ぐらいの時期、栃木の山奥の足尾に行ったとき、あそこら辺はまだ桜が満開だったっけ。標高が高いだけに、桜の時期がちょっと遅いんだよな。よし、それじゃ今日は足尾まで行ってみよう。

 朝10時前に出発、東北道で佐野藤岡インターへ。国道50号へ降りて、桐生方面へ順調に走る。この国道50号、面白くもなんともない道路なんだけど、流れだけはいいんだよね。桐生から今度は国道122号へ入り、北を目指す。

 う~む、しかし腹が減ったなあ。そういえば、うちを出てから全然休憩してないよ。途中、見つけた道の駅でひとまず休憩。焼きおにぎりを2個食べつつ、地図でルート確認。この122号沿いって、なにげに立ち寄りたいスポットがいくつかあるんだよなあ。その第一が『富弘美術館』。事故で首から下が不随になった星野富弘さんが、口に筆をくわえて描かれた絵が展示されてる美術館だ。ここ、2年前も時間が遅くなって行けなかったんだよな。

 おにぎり食べ終えて出発。さてどうしようかな~と思いつつ、富弘美術館をスルー。やっぱし、帰りに寄ろっと。で、一直線に足尾の町へ。市街地をゆっくり走っていると、『鉱都足尾の迎賓館・古河掛水倶楽部』の看板を発見、寄って行くことに。

c0072858_2275639.jpg

c0072858_22123538.jpg

c0072858_22125047.jpg

c0072858_22125988.jpg

c0072858_2213980.jpg


 約100年前に建築されたらしいんだけど、えらくモダンだ。で、この掛水倶楽部、全くの歴史的な遺物かというとそうじゃない。なんと、今でも古河機械金属㈱の福利厚生施設として、社員の宿泊や会合に使われてるんだそうだ。こういう古い洋館って、夜ひとりで泊まったら怖いだろうな…

 でも、この掛水倶楽部より気になったのが、その近辺に存在する社宅群。関係者以外立ち入り禁止だそうで、遠くから写真撮るしかなかったんだけど、なんとも言えず昭和の風景!木造家屋、ジャリ道、木の電柱…。この社宅群もまだ現役でちゃんと人も住んでるんだそうで。ちょっと萌え~な一角でした。

c0072858_22285493.jpg


by tigers00 | 2007-04-22 22:31 | ツーリング・バイク
<< 足尾ツーリング その2 GWに向けて >>