人気ブログランキング |

東京そぞろ歩き

<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


秋山郷ツーリング その6

 山道を、アップダウンを繰り返しながら先へ進む。道も細いけど、国道405号よりこっちのほうが全然いいな。
c0072858_011943.jpg

お~、いい雰囲気の道だ。セローにはこういう道がいいね~、などといい気持ちで走っていると、しばらくして自分が今どの辺を走っているのか分からなくなった。おっかしいなあ、途中で国道に出るはずだったのに…。地図を取り出して眺めてみると、どうやらとっくに行き過ぎてたようだ。しょうがない、ちょっと遠回りだが、栄村の役場のほうに出ることにするか。そのまま走っていくと、ようやく里に出た。
c0072858_08434.jpg


 無事、国道117号に出て405号に入る。今度は秋山郷と反対方向の松之山方面に向かう。途中、津南の駅前で昼食を取り出発するが、ここからこの国道405号、酷道の様相を見せ始める。
c0072858_0133841.jpg

国道っすよ、これ。おじいさんが山に芝刈りに行くときの道じゃありません。天下の国道です!細すぎんだろ~、いくらなんでも。まあオレはバイクだからいいけど、クルマじゃ絶対すれ違えないじゃん。で、この写真を撮るためにバイクを一旦停止させたら、どういうわけだかてんとう虫がいっぱい集まってきて、バイクやらジャケットやらにくっつきまくった。まさにてんとう虫がサンバ状態!(意味わかる…?)

 ほんとに国道を走ってんのか?とちょっと不安を感じ始めた頃、標識が見えた。
c0072858_0205090.jpg

よかった、ちゃんと国道だったよ。しばらく走って、県道80号との分岐に着く。このまま405号で安塚のほうに抜けたいなあと思ったら…
c0072858_0252068.jpg

げっ、土砂崩壊で通行止め!ん~、恐るべし国道405号。

 しょうがないので、県道80号から国道353号、253号とつないで浦川原村へ。ここは今は上越市と合併して浦川原区になってるんだけど、区って東京23区なんかのイメージじゃん。ここはどう見ても村だろ~。で、なぜこんなとこまで来たかというと、水上勉の小説「はなれ瞽女おりん」にでてきた杉坪の日光寺に行きたかったから。ここの薬師様は眼病にご利益があるとかで、瞽女さんたちの守り本尊だったそうだ。ちなみに瞽女というのは…興味があればYahoo!で検索してみてください(^^;

 が、そのお寺、どこにあるのかよく分からず。だいたいここかなあ、というお寺は発見したが、そんなに信仰されてる感じでもなかったし…。どこにもお寺の名前も出てなけりゃ、案内板だってない。地図には出てるんだけどな…。しょうがない、あきらめて帰路に就くとしよう。

by tigers00 | 2005-11-27 00:38 | ツーリング・バイク

秋山郷ツーリング その5

 あちこちで写真を撮りつつさらに奥へ。さっき寄った観光案内所で、上野原という集落にある「のよさの里」から見た鳥甲山が見事だというので行ってみる。のよさの里は温泉もある宿泊施設らしい。温泉か~、入って行きたいとこなんだけど、バイクだと湯冷めしちゃうからこの季節はビミョーなんだよな。ポカポカした状態から一気に冷えると間違いなく風邪ひいちゃうからな~。結局、入浴はパスして写真だけ撮った。
c0072858_23245066.jpg

c0072858_23224778.jpg

奥に聳え立っているのが鳥甲山だ。山頂のほうは断崖絶壁って感じで、険しそう。

 ここからさらに奥にまだ2ヶ所の集落があるが、さすがにちょっと時間がなくなってきたので戻ることにして再び屋敷の集落へ。ここから見る屋敷山も雄大でとても綺麗。
c0072858_23313715.jpg

やっぱりいいなあ、こういう里山の風景って。時間がゆっくり過ぎてるような気がするよ。途中、腰の曲がったおばあさんが手押し車を押しながら細い道を歩いていた。そんな風景がよく似合うところだ。

 けど、住むとなると大変なんだろうな。自分がここに住んだら、まず冬を越すことができないだろう。近くにコンビニやスーパーがあるわけじゃなし、食料を確保できなくて餓死しちゃいそうだよ。こういう場所で暮らしていくための生活力は、腰の曲がったおばあさんの足元にも及ばないんだろうなあ。オレなんかほんと、きちんと整備された社会のシステムの中でしか生きられないと思う。それでいいのか悪いのか…

 なんてことを考えつつ、国道を離れて山道へ。たぶん県道なんだろうけど、ツーリングマップルでも色のついてない白い線の道だ。たぶん地元の人くらいしか通らないんだろう、ほとんどクルマともすれ違わない。けど、山道だけあって紅葉は抜群だ。
c0072858_23505885.jpg

すげ~、山が真っ赤だ。あとからニュースで知ったんだけど、この日は土曜で天気もよく、箱根のほうは紅葉見物のクルマで大渋滞だったんだとか。オレは、全く人もクルマもいない山の中で紅葉独り占めだ。幸せ~。けど、あんまり誰もいないのも寂しいね…

by tigers00 | 2005-11-26 23:56 | ツーリング・バイク

秋山郷ツーリング その4

 大赤沢からさらに奥へと走る。途中、新潟県と長野県の県境を越えた。ここから先は信州秋山郷だ。しばらくして小赤沢の集落に到着。ここの集落は、旅館や民宿が何軒かあり、秋山郷総合センターという観光案内所もある秋山郷で一番大きな集落だ。

 その総合センターの前にバイクを停めて、中にある無料の民俗資料室を見学した。こういう秘境での、人々の暮らしっていうのはとても興味深いものがある。だって、今の時代でさえ積雪ウンメートルは積もる地域だよ。交通手段が徒歩だけだった時代、ここの人達はどういう生活をしてたんだろう。

 ここからちょっと歩いた場所に、江戸時代中期に建てられた茅葺きの民家が保存されているというので見に行ってみた。
c0072858_10501084.jpg

c0072858_10502913.jpg


 今はさすがに茅葺き屋根の民家は、こういった保存目的で残されてるだけのようだ。けど、こういう民家って、山やら紅葉やらをバックにするといい感じだ。

 再びバイクにまたがり、さらに奥の屋敷という集落へ。しかしまあ、ほんとに紅葉が見事で走ってて嬉しくなる。あんまりよそ見してると、道が細いだけに怖いんだけど、それでもついつい見回してしまうくらい綺麗だ。
c0072858_10505424.jpg

c0072858_1051612.jpg


 ついつい止まってはシャッターを切るのでなかなか前進しないくらい。しかも紅葉見物で渋滞なんて全くなし。最高だ~!

by tigers00 | 2005-11-23 23:41 | ツーリング・バイク

秋山郷ツーリング その3

 翌朝、早めに起きて出発の準備をしようとするが…寒~い!窓を開けて外の空気に触れてみるが、都会のほうとはまるで違う冷え込み方だ。…なんか出発するのがつらくなってきた。けど、この日の天気予報は晴れ。昼間は昨日と同様暖かいらしい。早く起きて出発する予定だったんだけど、ダラダラとテレビで「ウルトラマンマックス」なんか見ちゃったりして、出発が遅くなってしまった。

 国道353号を走り、117号を左折して405号も左折。この道をまっすぐ行けば秋山郷だ。しかしさすがは秘境、そんな簡単に着くもんじゃあない。この国道405号線、「これって林道?」って思うくらいの険しい「酷道」だった。
c0072858_22315687.jpg

だってこんな道だよ?

 ただ、思ってたよりもはるかに交通量が少ない。紅葉シーズンだし、ひょっとしたら紅葉見物の車が押し寄せてて、狭い山道が大渋滞してるんじゃなかろうか、なんて想像は杞憂だった。確かにこんな道、クルマで走りたくないなあ。狭いところはほんとに一車線分しかないんだもん。セローならスイスイだけどね。

 小さな集落を通過していき、新潟県と長野県の境付近にある大赤沢の集落に到着。いや~、しかしほんとに山奥だ。ここでちょっと休憩して、歩いて数分のところにある蛇淵の滝へ。しかしまあ山奥だけあって紅葉は見事!
c0072858_2241787.jpg

c0072858_22412289.jpg


 この頃になると、朝の寒さもウソのようにだいぶ暖かくなっていた。うんうん、これくらい暖かければ絶好のツーリング日和だ。バイク走らせてるのが気持ちいいぞ。

by tigers00 | 2005-11-21 22:44 | ツーリング・バイク

秋山郷ツーリング その2

 日も暮れてきたし、宿のある石打の駅のほうへ向かう。今日は素泊まりだし、どっかで晩飯食わなきゃなあ。駅前に行けば食べるとこくらいあるだろ。チェックインする前に駅前の様子でも見に行くか、と思い石打駅へ。が…
c0072858_1540992.jpg

c0072858_15402225.jpg

店、やってないじゃん!っていうか、人の姿がないし…。スキーシーズンでもないからこんなもんなのかね。

 しょうがないので、今日の宿、田中屋旅館へ。ここは先日楽天トラベルで見つけた旅館だ。一泊素泊まり3200円!安い!!
c0072858_15491184.jpg


by tigers00 | 2005-11-20 15:51 | ツーリング・バイク

秋山郷ツーリング その1

 セローを買って2ヶ月あまり、そろそろコイツでロングツーリングに行きたくなってきた。エンジンの慣らしのために近県の下道を走ったり、通勤で使ったりしてたけど、もうそろそろ高速道路にも乗ってみて乗り心地を試してみたい。そんなわけで、11月のはじめに新潟方面に行くことにした。予定は1泊2日で、行き先は秋山郷。山に囲まれた、平家の落人伝説のある秘境だ。

 11月4日の昼ごろに出発、まずは外環自動車道に入る。セローで初めての高速、ちょっとキンチョーするなあ。前の愛車の半分にも満たないパワーだし、どう考えてもスピードは出ないはずだ…。が、意外と加速は上々、100kmまでならわりと余裕だ。まあ、華奢な車体だし、スピードを出したときの安定感には欠けるけど。

 外環から関越へ。走り続けながら思ったんだけど、高速のロングライディングはやっぱりちょっとツライわ。まあ気合と根性で何とでもなるんだけど、どっちもあんまり持ち合わせてないし…。前の愛車だったBMW・F650GSでは高速をブッ通して走り、一日で函館まで行くっていう相当ハードなロングライディングしてもそれほど疲れはなかったが、セローじゃ疲労困憊かも。

 そんなことを考えつつ、関越トンネルを抜ける。さ、寒い!この日はよく晴れてて気温は高めだったんだけど、さすがに標高が高い地点は寒い。タートルネックのセーターを着て、ちょっとは暖かい装備はしてきたんだけどこれで大丈夫かなあ。秋山郷は山の中だし…。

 湯沢のインターを降りて国道17号を北上する。まだ2時過ぎだし、宿に入るには早すぎる。ん~、じゃあこの辺の観光でもするか。まずは塩沢にある鈴木牧之記念館へ。鈴木牧之は郷土の偉人で、江戸時代の雪国に生きる人々の生活文化を「北越雪譜」という書物にまとめ、それが当時のベストセラーになったんだとか。明日、オレが行く予定にしている秋山郷を「秋山記行」という本で世間に紹介したのもこの人だ。
c0072858_15231610.jpg


 展示内容はまあこんなもんかなあという感じ。鈴木牧之の時代の秋山郷の様子とか、もうちょっと詳しく分かれば面白かったんだけど。そういう予備知識が事前に得られれば、実際行ったときにさらに興味深く見ることができるんだけどね。

by tigers00 | 2005-11-20 15:32 | ツーリング・バイク

真壁町散歩 その2

 歩き始めると、ん?ちょっと気になるものを発見。
c0072858_22343650.jpg


 ん~、キティちゃんだよなあ。けど、なんか…ビミョーに違うよなあ…
ちょっとアップにしてみる。
c0072858_22345291.jpg

やっぱりなにかが違う気がする…。こんな顔だったっけ?

 しばらく歩くと、また気になるものを発見。
c0072858_22354867.jpg

これなんだろ?線路の引込み線?にしては幅が狭いか。トロッコ用の線路かなあ。どっちにしろもう使ってなさそうだな。奥のほうまで行ってみたかったんだけど、不法侵入になっちゃうかもしれないのでやめておいた。

 歩いていくと、だんだんと古い家屋が目に付くようになる。メインストリートにある伊勢屋旅館は明治中期の建築。
c0072858_22522312.jpg

ちょっといいなあ、こういう旅館。バイクでツーリングに出ると、泊まるのってたいていビジネスホテルかユースか健康ランドなんで、こういう旅館ってまず泊まることがないな。

 真壁の観光マップでおすすめカメラポイントに指定?されてるのがこのお店。
c0072858_2305181.jpg

今はタバコ屋というか雑貨屋のようだけど、明治の頃は近隣地域にまで商圏を広げて、「関東の三越」と呼ばれてたそうな。
c0072858_2332931.jpg

この建物は、その当時のままに現存してる。外からだけ眺めてないで、ちょっと中に入ってアイスでも買えばよかったかな~

by tigers00 | 2005-11-10 23:08 | 散歩

真壁町散歩 その1

 バイクでちょっと遠出するか、というとき、行くのはだいたい栃木、群馬、そして茨城だ。うちからだと、常磐道、東北道には乗りやすいんだけど、中央道とか東名なんかはいつも混んでる首都高を通らなくちゃならないし、その分700円余分にお金かかるし、時間もかかるのであんまり行こうという気にならない。下道通るのでも東京の交通渋滞を抜け出すのにえらい体力消耗しちゃうしね。そんなわけで、何度か行ったことがあったって、どうしても北の方面に足が向いちゃうのだった。

 今回行った茨城県の真壁も1年ほど前に行ったことがあって、今回で二度目の訪問になる。ここ真壁は、まあそれほど知名度のある町ではないと思う。古い町並みだと、栃木市とか川越市のほうが有名なんだけど、オレはこの真壁のほうが好きなんだよなあ。なんかヘタに「作って」ないし、商売っ気もないし、観光客も少ないし、そんなところがいいところだ。この町の古い建物群はなかなか素晴らしい。なんでも、国の登録有形文化財は104棟もあるんだとか。

 旧真壁駅の駐車場にバイクを停めた。この町には昔、筑波鉄道の路線が走ってて、その頃の線路跡が「りんりんロード」という名前のサイクリングロードになっている。岩瀬からつくば市までだから20~30kmほどあるのかなあ。真壁はちょうど中間点あたりで、駅跡はこのりんりんロードを走る人達の休憩ポイントにもなっている。写真は、サイクリングロードと休憩場所のプラットホーム。
c0072858_18483337.jpg


by tigers00 | 2005-11-06 18:53 | 散歩