人気ブログランキング |

東京そぞろ歩き

<   2006年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


5.05 吉良川町散歩 その2

 ここ吉良川町は農林業で栄えた集落。明治期には木炭の生産でも栄えたとか。パンフレットに描かれた地図を見つつ、さらに散策を続ける。
c0072858_22425151.jpg

c0072858_2243723.jpg

c0072858_22432363.jpg

c0072858_22435724.jpg

c0072858_2246284.jpg

c0072858_2246505.jpg

c0072858_2247240.jpg

c0072858_2247151.jpg


 結局、1時間ほど歩き回ってしまった。集落には感じのよい喫茶店なんかもあって、入ってのんびりしてもよかったかも。

by tigers00 | 2006-05-31 22:50 | 2006 GWツーリング

5.05 吉良川町散歩 その1

 室戸スカイラインを下って市街に出、再び国道55号に合流。太平洋を左に見て、北上して行く。この国道55号沿いに吉良川の集落がある。ここはあんまり有名ではないけど、重要伝統的建造物保存地区に指定されている町並みだ。

 町歩き好きなオレとしては、当然立ち寄って散策開始!旧道に入っていくと、いきなり漆喰の立派な蔵が。
c0072858_203476.jpg

 この町は、観光パンフレットによると「漆喰といしぐろの町並み」なんだそうだ。で、いしぐろというのがどういうものかというと…
c0072858_2062193.jpg

 この、民家の石垣塀がいしぐろです。ここ、室戸岬のあたりは有名な台風の通り道。強風から家を守るためにこういう石垣を巡らせているんだとか。

 GW真っ只中だけあって、国道55号は結構な交通量だが、この町を訪れる人はあまりいないらしく、町中は静かなもの。写真を撮りつつ散策を続ける。
c0072858_20185787.jpg

c0072858_20192154.jpg

c0072858_2019361.jpg

c0072858_2020181.jpg

 そういえば今日は端午の節句、あちこちで鯉のぼりが泳いでいる。けど、ここら辺の鯉のぼり、必ず下に大漁旗もついている。しかもその大漁旗には桃太郎とか金太郎とかの絵が描かれてて、そこのうちの子供の名前も書かれている。

 鯉のぼりに大漁旗って、このあたりが海に近い漁業の町だからかなあ。それとも、四国地方独特の風習?少なくとも関東地方じゃ見たことないな。

 途中、なんとなく独特の雰囲気の家を発見。
c0072858_20315622.jpg

 今は民家になってるけど、昔はもっと違った用途の建物だったんじゃないかなあ。壁についてるマーク、何のマークなんだろ?

 おっ、観光案内所があった。ここでちょっと休憩して、地図とかパンフレットがあればもらっていこう。
c0072858_20352895.jpg

 中に入ると、地元のおばちゃんたちが応対してくれた。今日はお客さんを見込んで、五目寿司とかかしわ餅を売っていた。オレも勧められたので五目寿司を買ってその場で食べる。200円なら安いよ。おばちゃんが、お茶をサービスしてくれた。ありがとうございます。

by tigers00 | 2006-05-28 20:44 | 2006 GWツーリング

5.05 最御崎寺~室戸スカイライン

 室戸岬から国道55号線をしばらく走り、室戸スカイラインの標識を右へ。ちょっと行ったところに最御崎寺があったので立ち寄ってみる。

 ここは四国霊場第24番札所。23番が日和佐にある薬王寺ってことは、ここまでずいぶんと距離がある。だいたい70kmくらいか。歩き遍路さんはこの23番から24番を二日とか三日とかかけて歩くんだろうなあ。オレにはマネできんな(^^;
c0072858_23255026.jpg

c0072858_23261069.jpg

c0072858_23263631.jpg

 しかし、境内の前にある一休さんみたいな(?)小僧の看板、ないほうがいいよなあ、絶対。88ヶ所全部のお寺にあるんだろうか?

 室戸スカイラインを登って行き、展望台の駐車場へ。高台から岬を見下ろすような感じで眺めがいい。
c0072858_23472533.jpg

c0072858_23473816.jpg

 今日もいい天気でよかったなあ。やっぱりよい景色を見るには、天気のいい日じゃないとね。

by tigers00 | 2006-05-27 23:56 | 2006 GWツーリング

5.05 室戸岬

 昨日、夜露に濡れたテントを生乾きのままたたんだので、どうもテントがカビ臭い。寝てる間、臭くてちょっとまいった。まあ、一日くらいじゃカビが生えるってこともないけど、このまま放置しとくとちょっとヤバイかも。そんなわけで、この日はちゃんとテントが乾くまで日光に当ててからテントをたたむ。今日も出発は8時くらいになってしまった。

 今日もいい天気だ!国道55号を海沿いに走り、いよいよ高知県に突入。東洋町を経由して室戸市へ。途中、鹿岡の夫婦岩というスポットにバイクをとめて休憩。
c0072858_20501839.jpg

c0072858_20502879.jpg

c0072858_20503923.jpg

c0072858_20505099.jpg

 潮の香りが心地いい。やっぱいいなあ、久々のロングツーリングは。しばらくたたずんでから出発。目指すは室戸岬。

 9時半ごろ、室戸岬に到着。早速付近を散策してみる。まずは岬の先端のほうへ。ここって、襟裳岬みたいな断崖絶壁かと思ってたらそうでもなかった。岩ばっかりだけど、月見ヶ浜っていう浜になっている。
c0072858_2151695.jpg

c0072858_2152733.jpg

c0072858_2154072.jpg

c0072858_2155153.jpg

 お~、岩が豪快だ。打ち寄せる波も荒々しくて、いかにも太平洋の突端ぽい。

 続いて、中岡慎太郎像へ。
c0072858_21122174.jpg

c0072858_21123227.jpg

 中岡慎太郎は土佐藩出身の志士で、脱藩して討幕運動に活躍した人。坂本龍馬と一緒に、京都の近江屋で刺客に暗殺されたことでも有名だ。そんなわけで、この中岡慎太郎像と、桂浜にある坂本龍馬像は、互いに向き合って立っているって話を聞いたことがあるなあ。ほんとなんかね?
 

by tigers00 | 2006-05-26 21:29 | 2006 GWツーリング

5.04 徳島~海南町

 阿波十郎兵衛屋敷から吉野川大橋を渡ると徳島の市街だ。徳島といえば、最近有名になった徳島ラーメン!どっか店を探して食べようかな~なんて考えてたんだけど、イマイチ腹が減ってない。しかも、ちゃんとしたうまい店で食べるには事前のリサーチが不可欠なのに、それもまったくやってない。間違ってうまくもない店に入るのもシャクだしなあ…

 なんて考えてるうちに面倒くさくなったのでパス!また今度にしよう(いつだ?)。徳島からは国道55号線。途中の道の駅で休憩、昼飯にカレーを食べる。しばしまったりしてから出発。

 しかし、さすがに四国はお遍路さんの地。あの白装束で道路を歩いてる人が結構いる。バイクに乗ってると、それこそ5分にひとりは見るくらいに多い。で、道沿いにはお遍路さんが休憩できるスポットが点在してるし、レストランや土産物屋なんかには「歩き遍路さん、お茶無料サービス」なんていう貼り紙もあったりする。

 そういう四国のお遍路さん文化みたいなものを見てると、ちょっとお寺にも寄ってみたくなった。ちょうど日和佐という町に第23番札所、薬王寺というお寺があったので、近くの道の駅にバイクを置いて見物してみる。
c0072858_2253569.jpg

c0072858_2255178.jpg

c0072858_226555.jpg

 う~む、お遍路さんがいっぱいだ。お遍路って一種のスタンプラリーみたいなもんなんだよなあ。楽しそうといえば楽しそう。オレも昔北海道に行ったときに、道の駅スタンプラリーってやったもんな。あれと同じような感覚なんだろうね。

 ちょっと不思議だったのが、こんな光景。
c0072858_22164091.jpg

 参詣する人が、登っていく階段に一円ずつ置いていくのだ。なんなんだろう、この風習は?よそで見たことないなあ。

 薬王寺をあとにして、国道55号を南へ南へ。途中、宍喰温泉の道の駅にバイクをとめ、隣接するホテルで入浴。あ~、気持ちいい。考えてみたら、昨日は風呂入ってないもんなあ。入浴料は1000円でちょっと高いけど、風呂あがりに新聞読んだりしてまったり。

 ってことで、ゆっくりしてたらすっかり夕方になっていた。今日泊まるとこはどうするか?この先室戸まで行ってキャンプ場にするか?けど、GW真っ最中、泊まれるかどうか…。まだちょっと距離もあるし。

 この宍喰温泉の10kmくらい手前にテント張れそうな海岸があったなあ。ちょっと戻ることになるけど、そこならタダだしそこにするか。現地に行ってみると、テントもいくつか並んでいた。ひとりでテント張るのはちょっと怖いけど、これなら安心だ。今日の宿はここに決定!
c0072858_22315775.jpg


本日の走行距離 187.1km

by tigers00 | 2006-05-23 22:35 | 2006 GWツーリング

5.04 阿波十郎兵衛屋敷

 鳴門海峡は明石海峡と違って、フェリーがない。しょうがないので大鳴門橋を通るんだけど、原付とか自転車で旅してる人はどうするんだろ?淡路島南のインターから入り、左右に鳴門海峡の景色を眺めつつ快適に四国に上陸。が、鳴門北の出口がすごいことに…。なんと1km手前から車が渋滞してて長蛇の列だ。う~ん、オレもここで降りるつもりなのに~。

 けど、さすがにこんな長蛇の列に並びたくもなく、この先の鳴門インターまで行って降りることにする。こっちは料金所が3ヶ所ほどあるのでサックリ出ることができた。なにも鳴門北で降りようとしなくてもこっちまで来ればいいのになあ。

 国道11号を南下、徳島市に入ると大きな川が見えてくる。
c0072858_224225.jpg

 お~、これが四国三郎といわれる吉野川か~。さすがにでかいな。でもこの吉野川を渡らずに、左折して阿波十郎兵衛屋敷へと行ってみる。特に予備知識を入れて訪ねたわけではなく、看板もあったしツーリングマップルにも載ってるからただなんとなくって感じで観光。

 駐車場の端っこにバイクをとめてると、地元のタクシーの運ちゃんに話しかけられる。バイクの話から始まって、四国の警察の取り締まり情報まで教えてもらう。昨日捕まったばっかりだし、ここに来る途中の国道11号でもやってたし、GWはそれこそあちこちでやってるんだよな。話によると、徳島県警はわりと緩いらしいけど、これが高知になると容赦なしなんだそうだ。途中、どのあたりでやっているかも教えてもらう。気をつけなくちゃな~。

 さて、ちょっと長話になってしまった。この阿波十郎兵衛屋敷もさすがに今日はたくさんのお客さんが来ている。400円を払って入場。
c0072858_23302495.jpg

c0072858_23303639.jpg

 入ったときにちょうど観客席で人形浄瑠璃を開演中だった。この屋敷は、人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門」のモデルとなった板東十郎兵衛の屋敷跡なんだそうだ。ふ~ん、なるほどね。でもその人形浄瑠璃、オレが入場してすぐに終わってしまった。く~、ちょっと長話し、し過ぎたか。浄瑠璃が終われば屋敷内にそれほど見るべきものはなし。じゃ、先を急ぐか。

by tigers00 | 2006-05-21 23:40 | 2006 GWツーリング

5.04 大鳴門橋

 キャンプ場の朝は早い。6時過ぎには起きて出発の準備に取り掛かる。しかしなあ、今日のテント、結露がスゴイ。フライシートの表側は撥水加工がされているので特に問題ないんだけど、裏側がビショビショだ。さすがにこれじゃ、ちょっと乾かしてからしまわないとなあ。

 そんなこんなで出発は8時前になってしまった。けど今日もいい天気!昨日と違って暖かそうだし、絶好のツーリング日和になりそうだ。

 県道31号を南下、車も少なくて気持ちよく走れる。途中、コンビニに入って朝食。そこでこんなおにぎりを見つける。
c0072858_2136472.jpg

 サッポロ一番味のおにぎりだって。こんなの、東京のほうにあったっけ?味は確かに味噌ラーメン味だ。ちゃんとコーンなんかも入ってるし。そういえば醤油ラーメン味も置いてあったなあ。メンマなんかが入ってるのかね?

 四国に渡る前に、鳴門海峡を見下ろせる大鳴門橋記念館へ。
c0072858_21543612.jpg

 中には淡路人形浄瑠璃館やらうずしお科学館やらがあるが当然入場料がかかる。ん~、パスするか。どうやら3Fにある展望台はタダで行けるようだ。タダなら当然行ってみる(^^;
c0072858_2155341.jpg

c0072858_21551422.jpg

 お~、見事な眺め!望遠レンズ使って写真を撮ってみたけど、なかなかの迫力だよ。

 続いて、大鳴門橋の真下にある道の駅うずしおへ。ここはツーリングマップルにも「展望素晴らしい」って書いてあるし、楽しみ~。時間はまだ朝の9時半ぐらいだけど、この道の駅にやって来る観光客の数は相当な数に達していた。バイクも多いな~。早速、あいてる場所にバイクを置いて散策開始だ。
c0072858_2243616.jpg

c0072858_2245039.jpg

c0072858_22508.jpg

c0072858_2252013.jpg

c0072858_226549.jpg

 お~、確かに素晴らしい展望だ。明石海峡大橋のたもとの道の駅より、こっちのほうが景色はいいかも。有名なうず潮もわりと近い位置で、観光客を乗せた船が行き来していた。潮が速くて船酔いしそう…

by tigers00 | 2006-05-21 22:15 | 2006 GWツーリング

5.03 たこフェリー~淡路島一宮町

 このたこフェリー、15分という短い時間だけど、ちょっとした船旅気分を味あわせてくれる。明石海峡大橋の真下をくぐることもあって、人気も高いみたいだ。
c0072858_101566.jpg

c0072858_102655.jpg


 淡路島に到着、まずは明石海峡大橋のたもとにある道の駅あわじへ。うお~、さすがに景色がいい道の駅だけあって、観光客でいっぱい。車誘導の警備員まで出てるよ。バイクは歩道みたいなところに置かせてもらって、しばし道の駅で休憩。
c0072858_134932.jpg

天気もいいし、こういうところでお弁当食べたり昼寝したりするのも気持ちよさそうだね。

 さて、先を急ごう。車の多そうな国道28号は避け、県道31号、通称淡路サンセットラインを走って南下する。地図を見ると、途中に野島断層保存館という施設がある。これはどうやら神戸淡路大震災のときにできた断層をそのまま保存してあるところらしい。

 ちょっと堅そうな施設だし、そんなに人も多くないかな~なんて思ってんだけど、予想に反してかなりの人出。さすが今日から5連休だけのことはあるなあ。
c0072858_1111071.jpg


 500円を払って入場。中はこんな感じ。
c0072858_111471.jpg

 で、この断層のちょうど上に建っていた民家もそのままの状態で保存展示してある。
c0072858_1125291.jpg

c0072858_113432.jpg

 台所は、震災直後の様子を再現したそうだ。

 見学し終わって時計を見ると4時半になっていた。さあ、そろそろいい時間だ。今日はどこに泊まるかなあ。まだどこに泊まるか決まってないんだよね。

 ただ、この県道31号沿いのキャンプ場についてはあらかじめネットで調べてきてある。この先にある明神キャンプ場が料金も安くてよさそうな感じ。とりあえずそこを目指してGO!

 しばらく走ると、道路沿いにテントが立ち並んだ場所を発見、すぐにバイクをとめる。こ、これは、地図には載ってないけど、穴場の無料キャンプ場じゃないか?管理棟らしきものもないし、自由にテントを張ってもよさそうだ。実際、かなりの人たちがテント張ってるし。よし、今日の寝床はここに決定!
c0072858_1213891.jpg


 約一年ぶりにテントを設営、近くのスーパーに買出しに出かけて戻ってくると、ちょうど夕日がきれいに水平線に落ちていくところだった。
c0072858_123044.jpg

c0072858_1231226.jpg


本日の走行距離 167.9km

by tigers00 | 2006-05-21 01:25 | 2006 GWツーリング

5.03 舞鶴市~たこフェリー

 さて、今日からしばらくはよい天気が続きそう。そろそろ当初の予定通り、四国に向けて出発するか~。今日はとりあえず、行けるところまで行くとするか。

 実家で朝飯を食べてから出発、地元の車しか通らない県道を走行し、国道27号へ。ここで、ツーリング中のバイクが数台、道路わきの店舗から国道へ入ってきた。数台で入ってきたため、後ろのグループと前のグループに分断された格好になって、オレのバイクがこのグループの真ん中あたりに入ってしまった。後ろのグループがちょっと離されてしまってるので、前を行く数台のバイクはスピードを落として走っている。

 そりゃ、そんな状況なら抜いて行って先頭に出るでしょ?だって、全然知らないグループの真ん中あたり走ってるのも変だし。うお~りゃ~、加速~!ダッシュして先頭に立ったその10秒後に見たものは…。

 「止まれ」の赤い旗を持ったおまわりさんでした…。

 うっそ~、やっちまった!普段そんなにスピード出さないオレが、たまたまそんな事情でスピード出したところでネズミ捕りやってたなんて…。最悪のタイミングだよ。

 「ここ、50km道路なんだよね~」とおまわりさん。う、うう、何キロ出てたんだろ?前のバイクを数台抜くのに、結構スピード出したからなあ。おそるおそる確認してみると、72キロ。22キロオーバーの-2点だ。ふ~、危ねぇ、瞬間80キロ以上出てたからなあ。一瞬免停かと思ったけど、まあ不幸中の幸いだ。

 青キップ切られて、再び走り出す。悔し~っ!反則金12,000円かよ。そんだけあればビジネスホテルに2泊できるじゃん、とか思うとますます悔しい。そう思うと、気分も青キップ、というかブルー。

 なんだか冴えない気分でバイクを走らせる。風も冷たくて寒いし、なんだか盛り上がんないなあ、せっかくのツーリングなのにさ。

 国道175号線に入ってからはひたすら南下して明石を目指す。途中、そんな観光地という場所もないし、特に寄りたいところもない。時折道の駅とかコンビニで休憩するくらいでただひたすら走り続けた。

 1時過ぎ、ようやく明石に到着、フェリー乗り場を探す。明石から淡路島へは明石海峡大橋が架かってるんだけど、通行料は2,050円。で、このたこフェリーはというと、人とバイクで940円だ。1,000円以上違うんなら、そりゃフェリーだろ~、反則金納めなくちゃならないから、少しでも節約しなくちゃなんないし。

 さすがGW、バイクもクルマも結構並んでる。
c0072858_053143.jpg

1時間待ちの表示だったからどうかと思ったけど、バイクはちょうどオレまでが次の便に乗れた。ラッキー。

by tigers00 | 2006-05-21 00:55 | 2006 GWツーリング

5.02 大江町 元伊勢神社内宮

 三重県にある伊勢神宮は、元々はここ大江の町にあった!というのが、この元伊勢神宮だ。伊勢神宮は今の地に鎮座する前、あちこちを転々としていたという。そのうちのひとつがここなのだそうだ。神社の縁起には、紀元前59年から4年間、この地に祀られていたらしい。

 2000年以上前から続く由緒正しい神社でありつつも、観光地化されているわけでもなく付近はひっそりとしている。
c0072858_22846.jpg

c0072858_2281748.jpg

c0072858_228366.jpg


 参道入口からは階段で頂上まで登る。なんというか、厳かな雰囲気だ。しばらく階段を登り、息が切れてきた頃にようやく神殿に到着。
c0072858_22124557.jpg

c0072858_2213031.jpg


 この元伊勢と三重県の伊勢神宮を結ぶと、なんと、その線上に京都御所があるのだそうだ。そして夏至の日、太陽は伊勢神宮のご神体から昇り、この元伊勢のご神体である日室岳山頂の向こうに沈むんだそうだ。う~む、古代のミステリーというかロマンをかきたてられる話だなあ。

本日の走行距離 78.5km

by tigers00 | 2006-05-20 23:08 | 2006 GWツーリング